top of page
  • 新規登録をしてもログインできないのはなぜですか?
    運営スタッフが手作業で承認作業を行っております。3営業日以内に登録がされない場合には事務局までお問い合わせください。
  • JPA会員ですがログインできません
    こちらのサイトでは新たに新規登録を行っていただく必要がございます。新規登録の際に、「氏名」「メールアドレス」「院名」を登録していただき、それに基づき手作業にて承認作業を行っております。3日営業日以内で承認されない場合、事務局までお問い合わせください。 ※メールアドレスが従来のサービスでご利用いただいたアドレスと異なる場合、確認に時間が掛かる場合がございます。予めご了承ください。
  • JPA会員ですがログインメールアドレスが分からなくなりました。
    ログインメールアドレスが不明な場合は、事務局までお問い合わせください。
  • 従来のJPA会員サイトのログインID・パスワードとは異なるのですか?
    はい。異なります。 当WEBサイトでは改めて「新規登録」が必要になります。 従来ご利用いただいていたメールアドレス・氏名・住所・院名・電話番号を元に、登録の紐づけをさせていただいております。尚、各種サービスをご利用いただいているメールアドレスと異なるアドレスで登録いただいた場合は確認にお時間がかかる場合がございます。 他の具体的なサービス名 ・治療エビデンス研究会 ・山中塾 ・卓越のコミュニケーション ・フォームソティックス・メディカル注文 ※これらでご利用いただいているメールアドレスと異なるメールアドレスで登録した場合、サービス利用確認及び本人確認にお時間がかかる場合がございますので予めご了承ください。
  • 認定院検索とはなんですか?
    フォームソティックス・メディカル取扱認定院である治療院・医療機関を検索することができるシステムです。 これにより、全国の都道府県にある治療院を、下肢障害で悩む患者さんが見つけやすくなります。 また、全国各地の先生同士が繋がり、患者さんを紹介しやすくなる仕組みとしても構築しています。 この認定院検索は、フォームソティックス・メディカル取扱認定院になると、無料で登録することができ、会員ランクによって表示できる内容が異なります。
  • 認定院検索にはどんな内容が記載されますか?
    現在、試験運用中となり、記載内容は後日変更になる可能性があります。 現時点での記載内容は ・院名 ・住所 ・電話番号 ・WEBサイトURL ・GoogleMap表記 ・動画表示 ・店舗詳細 ・写真 が記載可能です。 尚、会員ランクにより記載できる内容が変わります。
  • 会員ランクによる記載内容の違いを教えてください。
    会員ランク別で記載(変更)できる内容は以下のとおりです。 JPA初級会員 ・メイン画像 ・院名 ・住所 ・ヒーティングマシンの有無 ・バッジ(ブロンズ) JPA中級会員 ・メイン画像 ・サブ画像(5枚まで) ・院名 ・住所 ・ヒーティングマシンの有無 ・バッジ(シルバー) ・足サイズ計測対応表記 ・カスタム対応表記 ・シューズアドバイス対応表記(シューズ療法クラブ加入者のみ) ・店舗詳細表記内容の変更 JPA上級会員 ・メイン画像 ・サブ画像(5枚まで) ・院名 ・住所 ・ヒーティングマシンの有無 ・バッジ(ゴールド) ・足サイズ計測対応表記 ・カスタム対応表記 ・シューズアドバイス対応表記(シューズ療法クラブ加入者のみ) ・店舗詳細表記内容の変更 ・特集記事記載の追加 ・動画変更
  • 記載内容の変更をしたいのですが?
    各会員ランク別にこちらのフォームより申請をお願いします。 チャットやLINEでは変更依頼は受け付けておりません。 ※各会員ランク別で申請フォームが異なります。
  • 出張施術のみの場合は表記はどうなるのでしょうか?
    あくまでも「認定院」検索という特性上、患者さんがその場所に行くという想定で構築しています。 そのため、必ずMAP表記をする必要があります。 現状の対応策としては ・最寄り駅の住所 をMAP表記し、「場所はお電話またはWEBサイトからご予約時にご相談ください」 という表記を追加することで対応しています。 尚、出張+治療院がある場合は、治療院のみ記載とさせていただいております。 予めご了承ください。
  • 私の治療院が登録されていないようなのですが?
    申し訳ございません。内容を確認して情報をアップしますので、 下記フォームより申請をお願いいたします。 内容確認の為、申請から承認まで数日~10日ぐらいかかる場合がございます。 予めご了承ください。
  • チャットではお問い合わせできないのですか?
    現在、チャット機能は試験運用中です。 お急ぎのご連絡の場合は公式LINEをご利用ください。 公式LINEはこちら https://lin.ee/TxqXnZQ
  • 問い合わせの返事はどのぐらいで返信がありますか?
    内容によりますが、ご連絡いただいてから1~2営業日ほどいただく場合がございます。 お急ぎの場合は公式LINEをご利用ください。 現在、チャット機能は試験運用中です。 お急ぎのご連絡の場合は公式LINEをご利用ください。 公式LINEはこちら https://lin.ee/TxqXnZQ 営業時間は 平日:11:00-19:00 土日祝日はお休みです。 ※ご了承ください。
  • フォームソティックス・メディカルとは何ですか?
    フォームソティックス・メディカルは世界で最も多く研究されていて、医科学的な根拠(エビデンス)も多数ある、医療用矯正インソール(オーソティクス)です。 これまで世界中の足病医や理学療法士が40年間で1000万人以上に処方してきました。特に「足病学の世界的先進国であるニュージーランド・オーストラリアでトップシェア」の実績を誇ります。日本国内では全国47都道府県、1950名が取扱認定資格を取得し、704院が取扱認定院として、患者さんにフォームソティックス・メディカルを提供しています。
  • フォームソティックス・メディカルはどこで購入できますか?
    全国47都道府県にあるフォームソティックス・メディカル取扱認定院で購入可能です。 ✳︎医療系国家資格者またはそれに準ずる有資格者限定での取扱で、フィッティングには専門の評価・検査が必要になります。そのため、インターネット販売は行っておりません。
  • インターネットで購入できますか?
    フォームソティックスには通販可能な一般用の「スポーツシリーズ」と、通販不可である海外における医療用の「メディカルシリーズ」があり、通販で購入可能なモデルは矯正力の低い「スポーツシリーズ」です。「メディカルシリーズ」は認可された医院、治療院、導入チームでしか手に入れることはできません。また、その効果に歴然とした差があり、障害の治療/予防を求める患者さんやトップパフォーマンスを求めるアスリートにはメディカルシリーズが適用となります。
  • フォームソティックス・メディカルを取扱うにはどうすればいいですか?
    フォームソティックス・メディカル取扱認定講習会を定期開催しています。 下記参加条件を満たした方であれば参加可能です。 ■参加条件 医療系国家資格者およびそれに準ずる有資格者 ※インソールの現場導入意思決定権者・発注権限者・またはそれに準ずる方 この講習会は、限られた先生だけが受講可能な特別な講習会です。 下記の両方を満たす方のみお申し込みください。 ① 国内外の医療系国家資格保持者およびそれに準ずる有資格者 柔道整復師 / 鍼灸師 / あん摩マッサージ指圧師 / 理学療法士/ 作業療法士 / 医師 /歯科医師 / 看護師 / 義肢装具士 / 米国・豪州カイロプラクター / 米国ATC / JSPO-AT 等(国外の医療資格も可) ②事業主・院長(運営責任者/物販責任者等) フォームソティックス・メディカルを事業として導入する意向がある方のみを対象としています。 院長や責任者でなくても副業などで事業主として販売予定である方は歓迎です。 ※上記を満たしていない場合には参加をお控えいただいております。 あらかじめご確認の上、お申し込みください。
  • フォームソティックスと他のインソールの違いはなんですか?
    Q.他社製品と比較して、フォームソティックスとの明確な違い(コンセプトや機能など)はどういうところでしょうか。 フォームソティックス・メディカルの特長 フォームソティックスは、他社の足用インソールと比べ、以下のような特長を持っています。 1. 特殊な構造と素材 多くのインソールが「プラスティック素材の上にラバーが貼ってある」構造であるのに対し、フォームソティックス・メディカルは特殊素材の削り出し製法を採用。これにより、足とのフィット感が格段に向上しています。 2. 履いていくうちに足に馴染む 一般的な熱成形タイプのインソールが「その場で足型に合わせる」のに対し、フォームソティックス・メディカルは「動的に矯正させた足に馴染む」ことを重視。快適性だけでなく、足の矯正力においても優れた効果を発揮します。 3. 足病医が実際に処方 フォームソティックス・メディカルは単なる監修ではなく、海外で足病医が実際に処方しているOrthotics(医療用矯正インソール)をベースに開発。日本国内の通販やスポーツ店では入手できない、特別な製品となっています。 ※フォームソティックス・メディカルシリーズはさらに特別な処方用モデルです。 4. 履けばその違いは一目瞭然 実際に履いて比べてみるのが一番です。ぜひフォームソティックス・メディカルを体験してみてください。手で押し返すパワーの違いなど、効果は一目瞭然です。 軽量でコストパフォーマンスに優れ、即効性と高い矯正効果を兼ね備えたフォームソティックス。ぜひその特長を実感してみてください。
  • フォームソティックスメディカルとフォームソティックススポーツの違いはなんですか?また、患者さんに説明する際にどのように説明すべきですか?
    A. メディカルタイプとスポーツタイプの違いについて、患者様に納得いただける説明の仕方をお伝えします。 まず大切なのは、処方時に、メディカルタイプ以外にスポーツタイプが存在すること、そしてその違いを説明しておくことです。 注意点のプリントをお渡しする際に、通販で購入できるスポーツタイプがあること、そしてメディカルタイプは別物の特別な製品であることを伝えておくと良いでしょう。 次に、具体的な違いについて質問された場合は、以下の3点を挙げて説明します。 ヒールカップの深さ アーチの高さ 基盤素材のきめ細かさ これらの違いは一見小さく感じるかもしれませんが、全身の骨の四分の一が集中する足にとっては、わずかな差が大きな影響を与えます。つまり、これらの違いが実際には大きな矯正力の差につながるのです。臨床でフォームソティックス・メディカルを活用している先生で、患者さんが元々履いていたスポーツタイプからメディカルタイプに変更したことで症状が大幅に改善したという事例も多数あります。 先生が専門家として患者さんに、上記の説明を行えば十分納得していただけるはずです。 それでも納得されない患者さんには、無理に説得するのではなく、販売を控え、別の手段を提供することも考慮してください。
  • インソール処方後に痛みが強くなってしまった場合どのような対処方法があるでしょうか?
    ※内容にあるメタターサルドームは、JPA中級認定セミナーを受講すると取扱う事ができます。 Q 今回アドバイスを頂きたいと思い皆様に質問させて下さい。 50代の女性患者さん、太め体型、研究職。活動量は高くありません。外反母趾45度レベル、痛みがあり、過回内が両足明らかで、オリジナルデュアルミディアムを処方しました。1週間たち元々左足指裏にモートン様の症状があったのが、インソールをいれてから逆に強くなり通常歩行でも痛みがでるようになりました。外反母趾の痛みは出ていません。 モートンの痛みをどうにかしないと慣れるまで履けないので、メタターサルをいれてみましたが、あまり反応はよくありませんでした。今はその状態で経過をみています。ちなみに前のペタッとした中敷きのほうが痛くないようです。 おそらくインソールを変えたことで足裏全体の接地になり、前足部の負荷が高くなったことが原因ではないかと思っています。 このような外反母趾+モートンの治療経験がある方や、何か今後の対応についてアドバイスがありましたら是非お聞かせください。 宜しくお願い致します。 A いつもありがとうございます。ご質問のシェア感謝です。 早速ですが、ご質問にお答えさせていただきます。 大原則としては、 ・最後は、結果が良いほうを選択する(理論上整合性がなくとも) ・確定的な事実をかき集めて判断する(予測と事実を混ぜない) を指標にするとよいかと思います。(すでにされておられると思いますので釈迦に説法で恐縮ですが) その上で、今回のケースは ・個別性の高いケースなので、テンプレート的に解決策が出るパターンではないように見受けられます。 外反母趾/モートンは根本原因のおおきなもののひとつが「距骨下関節(後足部)の過回内」で同一のため、併発されている場合は多いですよね。 なので、理論上も、私の臨床経験上も、フォームソティックスで痛みが「増す」ことは通常はありません。(私の経験上はゼロです) しかし実際に増しているので(本当に増しているのかどうか?主観客観双方の評価も重要ですが)、解決しなくてはなりませんよね。 ここがスタートラインです。 なので、個別性が高いために文章の情報交換だけでは難しいというのが結論ですね、、、 可能性として考えられるのは、 ・慣らし期間による違和感への過剰反応 ・シューズの問題 ・メタターサルドームの装着法の誤差による問題(技術的なもの) でしょうか。 シューズとの相性やシューズそのものの質、サイズ感などが適切であれば、なかなか原因が見えてこない症例です。 フォームソティックスは全面接触によって、実際には前足部の負荷分散は促進されますので、より(よくない)過剰な負荷がかかるということは理論上はありません。 おそらく時間が経過すると解決していくとは思いますが、、 Q ありがとうございます。シューズの問題もあると感じていますが、外反母趾モートンの方にオススメのシューズを提示することができない(ランナーはGT2000NYでいいと思いますが)または人と状態によるので難しいと判断しました。ドームは教えていただいたようにやりましたが、結果がでていないのでそこを動かすという判断でいいのでしょうか?またその場合は主観的に楽な位置に動かすということでいいのでしょうか? A なるほど、そうですね。 まずシューズは、 アシックスウォーキングのお店にいって相談することをオススメ、がよいと思います。 外反母趾45度となるとかなり限られてきますが、アシックスさんであればシューズとして外す可能性は少なく比較的安心です。 また、今回は、 そもそもドームの前に痛みが増しているので、ドームの位置云々ではないはずなんです。 増しておらず変化なしなら、ドームの位置がズレてるなど考えられますが、、 そもそもノーマルで痛み増えてるとなると、小手先で変えても本来的には治らないはずですね。 ただ、やれることを試すという意味合いでいうと、 主観的に楽な位置に動かす、でよいです。こればかりは足裏の接地面を覗き見れないので、感覚勝負ですね。 Q ありがとうございます。アシックスウォーキングの店舗が茨城県にないのですが、うまく話してみます。ドームの位置については次回動かす必要があるかどうか含めて確認してみます。
  • フォームソテックスが雨で濡れた場合何か影響やトラブルなどはありますか?
    Q 質問です。 今週末にウルトラマラソンに出場し、サブ10を狙われる50代の女性がいます。 2週間前にシングルを入れてとても調子が良さそうなのですが、天気が雨の予報でとても心配されております。 フォームソテックスで 雨で濡れた時の影響や考えられるトラブル、などはありますでしょうか? A トップアスリートのサポート、さすがですね! (みなさん、サブ10というのは「10時間切り」ということで、フルマラソンでいうとサブ3と同じくらいのスゴいタイムです。女性でいうとトップクラスですね) 雨でも特に問題はありません。 フォームソティックスだから特別になにかが起こる、ということはないです。特にシングルであれば水もより吸わないですし、通常中敷より快適な状態が保てると思います。 Q 早速の御回答ありがとうございます。 まだ知識が少ないので助かります。 今後ともよろしくお願いします。
  • オリジナルデュアルミディアムとオリジナルシングルミディアムに使い分はありますか?
    Q 質問します。昨日来られた患者様で100kmマラソンに何度も出場している50歳代の女性の方がフォームソティックスに興味を持っておられました。マラソンの途中でいつも足裏やふくらはぎが痛くなるらしいです。100kmも走るのですから当たり前だろうと思うのですが。シューズやインソールは今まで色々試したらしのでとても詳しいです。 質問①この方の足の長さを測ると右は23.0cmで左22.4cm明らかに違います。シューズは23.5を履いていて右はいいのですが左が大きく感じると。左にプロネーションがあります。このように左右に長さの違いがある方にはシューズを選ぶ時どのようにアドバイスをされていますか? ②100kmマラソンには硬めのオリジナルシングルミディアムの方がいいのですか?ちなみに私は今まで全ての患者様にオリジナルデュアルミディアムしか使っていません。 ③②の質問に被るかと思いますが患者様の用途の仕方でインソールの種類も変えないといけないと思いますので、オリジナルデュアルミディアムとオリジナルシングルミディアムの使い分けを教えて下さい。 A ご質問ありがとうございます。 早速ですが、ご質問にお答えさせていただきます。 1、シューズは最終的に「どこに落とすか」の問題となります。 ・シューズは小さければ小さいほど(フィットしているほど)良い。ただし、当たらなければ。 というご案内が基本です。 一番のNGは皮膚の問題発生です。ですので、皮膚的な問題が起こらない範囲で小さい方がよいということになります。 (当然諸説ありますが弊社の実績に基づく案内方針です) で、本件の場合は、 左のプロネーション対策として小さめシューズを案内したいところですが、すると右に皮膚問題が出てきそうであればNGとなります。 「(まだ試してないならば)試し履きをしてみて、右に問題がなさそうであれば、左のためにもうワンサイズ小さめに攻めるのがよいかとは思います」 という案内に落ち着きます。 ただこの0.5cmのサイズ感も大事ですが、同時に「モデル」「古さ」要因も大事ですので全体感でみたいです。 2、「100kmマラソンにはコレ」ということはありません。 ソリューション決定(どのインソールを提案するか)には、 症状、ランニング歴、目標、調整進行具合、シューズとの兼ね合い、フォーム、好き嫌い、など様々な要因が絡みます。 ただ傾向としましては、 「距離が長くなればなるほど地面からの衝撃回数が増加」するのは確実ですから、「衝撃吸収」要素は増やすべき、というのが基本ですね。 ですので、ピンポイントでいくと、 シングルを使うべきは、 100kmマラソン:少なくとも9時間台、8時間台以上のタイムを狙う走力の方のみ フルマラソン:少なくとも3時間一桁台以上の走力(私たちは2時間台を確実に狙える走力を基準としています) というのが指標のひとつです。 それ以外は全員オリジナル・デュアル・ミディアムがよいですね。 逆にクッションタイプの「ショックストップ」は? という議論に当然なりますが、 様々な検討検証をした結論からいうと「オリジナル・デュアル・ミディアム」がよいです。 理屈だけでなく感情(好き嫌い/先入観)なども入り混じるので例外は多々ありひとりひとり違って当然ですが、 上記がひとつの指標となります。 3、デュアルとシングルの使い分けは下記の観点で判断します。 1、シューズのボリューム観点 デュアルが入らないので仕方なくシングルを入れるパターンは多いです。 2、床反力/衝撃緩和観点 基本、クッション性とトレードオフなのが、反発性です。 床反力の効率性を高めるには、クッションが少ないシングルのほうが良いです。 ※ただしデュアルだからといってそこまで落ちはしないです。 そのかわり衝撃負荷が増しますので、 痛みがある場合には、「すごくシングルが欲しい」という場合以外は、シングルはオススメしないほうがよいです。 3、矯正力観点 矯正力としては、基盤は同じですのでほぼ変わりません。 とお伝えください。 ただし、細かい情報としては、クッション素材分、ヒールホールドなどがより高まる感覚はありますので、微妙にデュアルのほうが矯正力高めとなるかと思います。 ※結論 痛みがある方は、いくら矯正力が同じとはいえ、衝撃負荷も緩和したいので、基本は「デュアル」。 ただし、シューズボリューム/好き嫌いなどの関係でシングルにする場合あり。 痛みなくパフォーマンスアップ目的の場合かつ走力等が一定以上の場合は、あえてシングルでいくのはOK。 Q 上記の意見は大変参考になりました。デュアルとシングルの違いが分かりました。当院にはシングルは必要無いなと思いました。今までどうりデュアルでいきます。今までもデュアルしか処方していないですが、何のクレームもなく個々の症状が改善しております。以前購入したリングサンプルを眺めていて何でシングルってのがあるんだろうと思い質問しました。疑問が解決いたしました。ありがとうございました。 A お役に立てていましたら、よかったです。いつも素晴らしい質問をありがとうございます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
bottom of page